北海道札幌市の総合法律事務所

桶谷法律事務所

Web相談可(zoom等)

011-281-2226

【通常のお問い合わせ】011-281-2226

24時間365日予約受付・初回相談無料 まずはお気軽にご連絡ください

企業法務Q&A例 企業法務Q&A例

企業法務Q&A例

取締役の報酬カットの手続について

企業法務一般、顧問契約

当社は今期業績が悪く,株主に対しても無配の予定です。責任を取る意味でも,各取締役の報酬を30%カットしたいのですが,その手続きはどうなりますか。報酬カットに反対する取締役にはどのように対応すれば良いですか。

会社法上,株主総会決議「等」によって役員の報酬額が具体的に定められたときは,その報酬額は,会社と役員の間の委任契約の内容となるため,報酬額決定後,在任期間中に報酬の減額を行うには,原則として当該役員の同意が必要です。
明示的な同意がなくとも,黙示的な同意があったと評価できるような場合はありますが,法的なリスクは残りますので,まずは反対役員を説得することが望まれます。

記事一覧

Copyright (c)2013 桶谷法律事務所 All rights reserved.