北海道札幌市の総合法律事務所

  • 企業のお客様
  • 個人のお客様
  • ご相談の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 費用
  • よくあるご質問

費用

  • 法律相談料
  • 案件の処理費用

費用

※いずれも消費税、実費は別途必要となります。

法律相談料

初回法律相談料は、30分まで5,000円、1時間まで10,000円です。 ただし、次の内容のご相談については、初回60分まで無料です。

  • 個人の借金に関するご相談(債務整理、破産、個人再生)
  • 企業の再生・倒産に関するご相談(破産、民事再生、私的整理)
  • 交通事故被害者からのご相談
    ※人身傷害が生じた事故で加害者側が任意保険に加入している場合、又は弁護士費用特約に加入されている場合に限ります。

代表弁護士との相談をご指定の場合には、30分につき、別途5,000円の費用が加算されます(上記の相談も無料とはなりません)。

なお、ご相談の案件の処理をご依頼いただいた場合は、お支払いいただいた法律相談料は案件の処理費用に充当いたします。 したがって、案件処理をご依頼いただく場合の法律相談料は実質的には無料です。

案件の処理費用

1.経済的利益により算定する方法

当事務所では、基本的には対象案件の経済的利益により計算する方法により弁護士費用を算定しています。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円超~3,000万円以下の部分 5% 10%
3,000万円超~3億円以下の部分 3% 6%
3億円超の部分 2% 4%
着手金とは、事件の着手時に申し受ける金銭のことです。着手金の最低額は100,000円です。
報酬金とは事件が終了した段階で事件が成功した度合に応じて申し受ける金銭のことです。
全く不成功の場合には報酬金はいただきません。
例えば、請求額が1,000万円、獲得金額が800万円の場合、次のように計算します。
着手金:300万円× 8%+(1,000万円-300万円)× 5%=590,000円
報酬金:300万円×16%+( 800万円-300万円)×10%=980,000円
上記の額はあくまで目安であり、事件の難易、必要となる手間等を考慮して増減いたします。

2.弁護士業務に要した時間により計算する方法(タイムチャージ制)

手続に要した時間に時間単価を乗じて算定する方法です。 時間単価は弁護士によって相異します。

「手続に要した時間」とは、電話・面談による打ち合わせ、相談、書類作成、判例・文献等の資料調査などのほか、移動のために要した時間等、ご依頼先のために費やしたすべての時間を意味します。ご相談の上、予め必要時間を予想した上で、定額でお受けすることも可能です。費用の目安は、次のとおりです。
通知書、催告書等の作成(定型的なもの) 30,000円~
契約書の作成(定型的なもの) 50,000円~

案件別の費用については、それぞれの項目をご覧ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

011-281-2226 まずはお気軽にご連絡ください。