北海道札幌市の総合法律事務所

桶谷法律事務所

Web相談可(zoom等)

011-281-2226

【通常のお問い合わせ】011-281-2226

24時間365日予約受付・初回相談無料 まずはお気軽にご連絡ください

企業法務Q&A例 企業法務Q&A例

企業法務Q&A例

お客様による解約の意思表示と錯誤無効の成否

企業法務一般、顧問契約

一定期間のサービスが受けられる商品を途中解約し精算されたお客様から,「解約日を先に延ばしたほうが得であったのに,誤って解約してしまったので,精算をやり直して欲しい」とご要望がありました。
お客様の最初の解約の意思表示について,錯誤による無効が認められますか。

民法95条の錯誤とは,本件でいえば,「解約する意思がなかったにもかかわらず,誤って解約の意思表示をした」場合をいいます。

「解約をしたほうが得だと思って,解約する意思で,解約の意思表示をした」が,解約をしないほうが得だったという場合には,動機の錯誤に当たり,意思表示をする動機に錯誤があったにすぎないため,原則として,民法95条の錯誤には該当しないとするのが最高裁判例の考え方です。

したがって,本件で解約者が主張している事実関係を前提としても,法的には,錯誤無効は認めらません。

記事一覧

Copyright (c)2013 桶谷法律事務所 All rights reserved.