北海道札幌市の総合法律事務所

桶谷法律事務所

011-281-2226

【通常のお問い合わせ】011-281-2226

24時間365日受付・初回相談無料まずはお気軽にご連絡ください

解決事例 解決事例

解決事例

玉突き事故に巻き込まれて後遺障害等級14級の神経障害が遺った被害者について,任意の示談により,400万円以上の支払を受けた事例

交通事故

事案概要

    依頼者は,信号待ちで停車中に玉突き事故に巻き込まれて頸椎捻挫(むち打ち症)等の傷害を負い,約8か月間にわたり治療を続けたが,痛みや痺れ等の症状は完全には良くならず,最終的に後遺障害が遺った。依頼者はもともと会社員として働く傍ら,共働きの妻と協力して家事や育児を分担していたため,怪我の影響により仕事だけでなく家庭での家事や育児にも支障が出ていた。依頼者は自ら自賠責の被害者請求をし,後遺障害等級14級に該当するものとの認定を受けたが,その後の加害者側保険会社との協議において納得のいく対応を得られなかったことから,弁護士費用特約を利用して当事務所に加害者側との交渉を依頼した。
解決結果

弁護士費用特約を利用して受任後,速やかに加害者側保険会社に通知して保険会社保有資料一式の開示を受けるとともに,損害額の算定のために必要なその他の資料を依頼者と協力しながら準備したうえで,加害者側に対して損害賠償請求の書面を送付して示談協議を開始した。依頼者は過去に交通事故被害にあった際にも頸椎捻挫により14級の神経障害の認定を受けており,加齢によるヘルニアも患っていたことから,現在の依頼者の症状が本当に今回の交通事故によるものかという点について保険会社が懸念を示しており,さらにいわゆる「兼業主夫」としての家事労働に支障が生じていた部分を休業損害として認めることについても保険会社は消極的だった。その他にも争いとなる点が数多くあり,示談協議は難航したが,訴訟提起の可能性を予告しつつ粘り強く交渉を続けた結果,実質的にこちらの主張の大部分を認めさせることができ,訴訟提起に至る前の段階で,400万円以上の金額での示談を成立させることができた。

記事一覧

Copyright (c)2013 桶谷法律事務所 All rights reserved.